ご案内
オッドエンタテインメントPresents ASSH 十五周年記念興行・第三弾
「雷ケ丘に雪が降る」~The Five God Chronicle・雷神編~

12月20日(水)~24(日)
俳優座劇場 (六本木)
脚本・演出:松多壱岱

公式サイト
http://www.odd-inc.co.jp/stage/ikazuchi/

ページの先頭に戻る
ストーリー
昔、大陸の東には「ヤマト」と呼ばれた島国があった。

「ヤマト」は大王(おおきみ)が長きに渡り統治していたが、十年に及ぶ内乱が勃発。
いつしか群雄割拠の戦国時代となった。
南の烈火国を治める龍造寺道雪、都に近い白虎国を治める織川信定、
そして龍雲国を治める武田と北条の連合軍が大きな勢力として、天下を目指し争う三国時代へとなっていく。

烈火国の西には、昔、雷神が舞い降りたという丘があり、ここで雷神と異名を持つ鳴神雷切(なるかみらいせつ)、
風神と異名を持つ風間強羅(かざまごうら)の二人が雷切の弟の流河と友に砦をつくっていた。

烈火国をおさめる龍造寺道雪にとって雷ケ丘の雷神、風神は邪魔な存在。
海を見渡せる要所でもある雷ケ丘に城をつくるため、
四天王と呼ばれる無敵の部下を従え、雷切達をつけ狙っていた。

雷神、風神、には仲間がいた。
海神・海原天陽(うなばらてんよう)、火神・迦具土神遊児(かぐつちゆうじ)、地神・剛力大地(ごうりきだいち)……。
この五人を人々は「五神」と呼んだ。

数年前、ある村を救うため、「五神」は龍造寺道雪に反旗を翻した。
「五神の乱」と呼ばれたこの戦で、道雪に敗れた五神は散り散りになった。
五神は互いに力をため、いつか道雪を倒す再会を誓う。

雷ケ丘に、現れた目の見えぬ不思議な少女、初花(はつはな)。
初花は道雪によって倒された馬場延親という武将の娘。
道雪によって馬場家はお家断絶に陥り、血縁の者はみな殺された。
しかし、初花だけが明日香村に預けられ、五十猛(いそたける)・安曇(あずみ)の兄弟が世話をしていた。
そして初花にはある秘密があった……。

ある日、龍造寺の手下、雨夜(あめや)と蛟(みずち)が初花をさらってしまう。
雷切達、五神は龍造寺城に乗り込み、初花奪回作戦を開始する…!

彼らの運命は……!?

実在する雷ケ丘と雷神伝説を舞台に展開する、ネオフィクションエンターテインメント!

ページの先頭に戻る
ご予約
【SCHEDULE】
2017年12月20日(水)〜24日(日)

12月20日(水)①19:00~★
12月21日(木)②14:00~◎ ③19:00~★
12月22日(金)④14:00~◎ ⑤19:00~★
12月23日(土・祝)⑥13:00~◎ ⑦18:00~★
12月24日(日)⑧14:00~

ページの先頭に戻る
フライヤー


ページの先頭に戻る
出演
【キャスト】
石渡真修 中尾拳也 鵜飼主水(ASSH)山沖勇輝 栗生みな
坂本康太 相笠萌 小栗諒(ASSH)関谷真由
霜月紫 藍菜
小林瑞紀 田中宏輝 渡辺隼斗 藤木かおる

八坂沙織 山本真夢 南千紗登 持田千妃来

ヒロヤ 丸山雷電 小倉江梨花 花岡芽佳(以上/ASSH)

石部雄一 岩義人

森大

<アンサンブル>
高見彩己子 渡井瑠耶
梅田祥平(ASSH-NEXT) 大田早紀(ASSH-NEXT)



ページの先頭に戻る
制作・協力
【スタッフ】
脚本・演出:松多壱岱
舞台美術:照井旅詩
照明:村山寛和 (マーキュリー)
音響:牛若実 (UC-WORKER)
舞台監督:住知三郎
衣装:壺阪英理佳(ASSH)
ヘアメイク:青山亜耶
楽曲:榎本広樹(Prhythm/epx)
演出助手:大塚侑子、小倉江梨花(ASSH)
映像制作: 曾根久光(co:jin projects)
殺陣振付:鵜飼主水・小栗諒(ASSH / オッドエンタテインメント)
サンプラー:山本美智子
ダンス振付:松本稽古
フライヤー・WEBデザイン:東京神父
キャスティング協力:東川真之(株式会社SANETTY Produce)
制作協力:TEAM#BISCO

エグゼクティブ・プロデューサー:サトウケイイチ

企画・製作:オッドエンタテインメント/ASSH



ページの先頭に戻る
映像
ページの先頭に戻る
写真


ページの先頭に戻る